症状別TOP2腰椎ヘルニアお悩みチェックリスト

  • 慢性的な腰椎ヘルニアが3カ月以上続いている
  • 腰からお尻、足にかけての痛み・シビレが3カ月以上続いている
  • 腰椎ヘルニアで立ち作業や座り作業がつらい
  • ロキソニンやリリカを飲んでいるが腰椎ヘルニアが改善しない
  • 医者から手術をすすめられ、どうしようか悩んでいる

でも、大丈夫です。

当院にはこのような悩みでお困りの方がたくさん来院されますが、多くの方が改善されています。原因を見つけ早めに対処しましょう。放置しておくと症状が強くなり改善しにくくなってしまいます。

一人で悩まずに当院にご相談ください。

そもそも腰椎椎間板ヘルニアとは?

腰部の椎骨と椎骨の間でクッションの役割を果たしているのが椎間板といい、椎間板の中の髄核(ずいかく)が繊維倫を突き破って飛びだすことをいいます。その一部が神経を圧迫して、痛みやしびれの症状を起こします。

ただし、レントゲン診断でヘルニアが確認されたとしても、それが直接症状に結びつくとは限りません。

 

一般的な腰椎ヘルニアへの処置は?

  • ロキソニンやリリカなどの薬の処方
  • 神経ブロック注射
  • 運動療法、ストレッチ、マッサージ
  • 電気治療、温熱療法
  • 手術

など治療の基本は保存療法になります。

坐骨神経痛というのはあくまでも結果であり原因ではありません。一時的に症状の変化はあるかもしれませんが、根本的に改善しなければ再発する確率がとても高くなります。

では、どうしたら再発しない状態を作ることができるのか?

当院での腰椎ヘルニアへの施術は?

腰椎ヘルニアは原因に対してアプローチしないと症状の改善は出来ません。

そこで当院ではまず原因をあぶりだしてから施術していきます。

原因としてはさまざまなものがありますが、関節の可動域、筋肉の硬さなどからある程度の原因を見つけアプローチしていきます。

  • 腰椎の問題
  • 骨盤の問題
  • 肋骨まわりの筋肉の問題
  • 腰まわりの筋肉の問題
  • お尻まわりの筋肉の問題
  • 足まわりの筋肉の問題
  • 体全体の軸の崩れの問題
  • 内臓の問題

など、多くの原因が考えられますが、

それらを解消することで、腰椎への干渉が取り除かれれば症状は改善されていきます。

手術しないと腰椎ヘルニアの症状は取れないと言われた方でも、当院で改善されている方は大勢おります。

残念ながら稀に、改善の難しいケースもございますが、手術というのはあくまでも最後の保険という考えを持っていただき、現在手術をご検討されている方はまず一度当院の検査を受けてみてください。

益田整体院

〒751-0806山口県下関市一の宮町1-1-13ペルソナ新下関408